まずはあなたの

よく売れる

「ニッチな人気のコンテンツ」が必要です




チャンスだと感じていても自分にオンラインコースで誰かに教えることなどあるはずがないとあきらめていませんか?

〇〇の専門家とか〇〇が得意よりも

あなたが人よりちょっとだけ詳しいことをオンラインコースにすることが出来ます


2歩以上人の先を歩いている必要はありません。

ほんの一歩だけ人より詳しいことが

他人にとっては知りたいことです


もしあなたがマンツーマンサポートのお仕事だとしたら次のことで困っているかも知れませんね?

・お客様が増えると働く時間が増えて自分の時間が少なくなる

・来月のお客様ができるかいつも心配している

・オンラインコースを作ろうと考えたけど、まとまった時間がとれない。

・どこからどうやればいいのかわからない。

もし以上のことに該当することがあれば、このワークブックようやくあなたは自分のオンラインをスタートすることができます。

自分のコンテンツを作ることは一人でやろうとすると簡単そうで難しいものです。そこでこのワークシートにそれらを実現する方法を詰め込みました。

コースの内容


  オンラインコースを作るはじめの一歩
で利用可能 日々
日々 入学後

かつて私もオンラインコースを作れずに何度も挫折しました。

あなただけがうまくいなかったわけじゃないんです。私はいつも次のことを願っていました。

・仕事量を増やすことなく、むしろ減らして来月の売上を心配しない安定した生活を達成したい

・ストレスを感じずにより多くの自由になる自分の時間を手に入れたい。

さて、あなたはどう思いますか?

もし私と同じだとしたらまずは、あなたの「よく売れる人気のニッチなコンテンツ」が必要です。

そしてあなたのニッチが発見できたらそれは実現可能です。

この36ステップワークシートに「あなたのニッチなコンテンツを発見するステップバイステップの方法」を詰め込みました。

さて、なぜ、実現可能なのか?

それはすぐそこに、「ワンクリック先のすぐそこ」に見込客がいるからです。

ニッチとは「隙間」の意味である。 大企業がターゲットしないような小さな市場や、潜在的にはニーズがあるが、まだビジネスの対象として考えられていないような分野を意味する。(コトバンクから引用)です。

これに対してニッチの対義語は「マス市場」(大衆市場)です。

個人起業家は大衆市場ではなくニッチ、つまり絞りこんだ特定の人だけが「これを探していたんだ!」というものをコンテンツ(商品)にしましょう。

私たちはつい、万人ウケしそうな「言葉」を使ったりします。

コンテンツもそうですね。

つい、「できるだけ多くの人にお届けできるようなものをつくりたいなぁ」と。

お米や化粧水は誰でも買います。必需品です。「だから私もみんなが買うようなお米や化粧水的なものを売りたいな」と。

でも、これは完全に間違っています。

あなたのワンクリック先の人は「今、耳がムズムズしてかゆい!今すぐ1秒後にでも解決したい!」の方が反応してくれて、それをあなたが解決できればその人のお役に立てます。

しかも、こんな「あーー!耳がかゆい!」という特定の人が、今すぐこの瞬間に何百万人もいるかも知れませんね。

すでに、あなたの内部にある「人より少し詳しいこと」がニッチです。

あなたは思うでしょう「わかってますよ!それを見つけることが難しいんですよ!」

そうです、そうだと思います。

そんなあなたのために、ステップバイステップであなたのニッチが『あなたのニッチ」が完成しますよ。

それを「あなたのオンラインコース」にすれば、「もう来月の売上を心配すること」とお別れする準備の始まりです。



さあ、ようやくあなたは自分のオンラインコースをスタートすることができます。



このコンテンツの定価


¥19,700

ゼロから自分らしい売れるコンテンツを作る36ステップ